ミュゼのVライン範囲はどこまで?


今月もやっぱりお得なミュゼの両ワキ+Vライン脱毛。 追加料金なし、返金保証あり、満足するまで何度でも脱毛OK という、 最強プランなのは皆さんご存知の通りです。 でも、このVラインの範囲ってどこまでなんでしょうね?

カウンセリングでもらえるミュゼのVラインプレート

vラインテンプレートカウンセリング予約をHPから入れて、カウンセリングに行きます。

そうすると、「Vラインテンプレート」なるものを渡されます!

このフチがピンクの透明なプレートを自分のVゾーンにあてて、 左右のはみ出た毛を脱毛するシステムです。 とってもわかりやすい!

ちなみに、測ってみたら、こんな感じの大きさ。 大きすぎず小さすぎず、水着やショーツからはみ出ない自然なサイズでした。

vラインテンプレートの使い方カウンセリングに行くのも面倒くさいというあなたは、この大きさに紙を切ってあててみるといいかも。

気になっていた水着のラインも平気でした。

そして気になる脱毛範囲は結構広くて、私のVラインの離れ毛もセーフで範囲内でした!

下のラインを股下と水平にとってくれているので、ボクサーパンツ部分位はカバーできそうです。
かなり広い範囲ですよね。良心的だと思います!



結論!ミュゼのV範囲はかなり広い!

実は・・・ミュゼのカウンセリングを受ける前に他の脱毛サロンをちょっと調べたんです。
ビックリしたのが脱毛サロン各社でVラインの範囲の違いがかなりあるってこと。

調べによると、エ●レ、T●C、銀座●ラーはサロンで履くショーツのサイドから2~3cmの幅をVライン範囲として設定しているみたいでした。 脱毛範囲がVサイド2~3㎝だと、離れて生えている毛はもちろんVサイドだけのコースでは対応できず追加の料金がかかると電話質問で回答されました…。

でもミュゼのVラインの範囲だと、脱毛できる範囲が他社よりかなり広くて、いろんな毛の生え方に対応できるのでとてもオススメです。 金額もビックリするぐらい安いですし「これはもう行くしかない!」と思って、契約しちゃいました(*^_^*)

ミュゼの詳細はこちら

最強プラン「両ワキ+Vライン脱毛」にも弱点はある?

「こんなに安くて範囲も広くて脱毛し放題なんて、そんなおいしい話があるの~?」って思いませんでした? 私も「実は勧誘がヒドイとか落とし穴があるんじゃないの~?」と疑っていました。 でもそんなことは一切なくて、しいて言うならばというレベルで弱点が2つほどありました。

【弱点その1】予約が取りにくい

任意整理→上場企業のグループ会社に
ミュゼの一連のゴタゴタで、予約が取りやすくなりました♪
人気者ならではの悩というところでしょうか。 全国に180店舗以上もあるし、行った感じけっして狭い店舗でもないのにここまで予約が入るのは、ミュゼで脱毛している人が多いって証拠ですよね。 でも大丈夫。たまに予約をチェックしていれば結構すぐに空きは出ます。

ミュゼは当日キャンセルも無料なので、暇な日に突然予約が取れる可能性もアリ。
Vライン脱毛は生理中はできないので、ドタキャンも多そうですよね。

スマホのアプリをいれて予約店を設定しておくと、ミュゼから「◯◯店で◯月◯日に◯時~◯時に空きがあります」とお知らせが入ってくるので便利です。

【弱点その1】Vラインの範囲はサイドだけしか脱毛できない

Vライン範囲説明Vゾーンのサイズをもっと小さくしたいと思っている人や、Vゾーンの上部を脱毛したいと思っている人は、コース追加が必要になります。

他のサロンでも同じように金額追加になるので、プラスかかってもミュゼのほうが安いと思いますが…。

ミュゼのVライン脱毛はこのVラインプレートの大きさに満足できるか?ということに尽きると思います。



実際に「両ワキ+Vライン」を脱毛した感想♪

カウンセリング当日はプランの説明や注意事項を聞いて契約するだけなので、実際の脱毛は翌日以降になります。

>>ミュゼの体験談はこちら

ミュゼの詳細はこちら

↑ PAGE TOP