肌荒れしてても脱毛できるの?


肌荒れしてると脱毛できない?


若葉
私たまに赤みやカサつきがでるんですが、そんな時でも脱毛できますか?
美魔子
その部分はよけて脱毛することになります。
もったいないので保湿を心がけましょう!

肌荒れしている部分はこうやってよけます

赤みカサつきがある場合、その部分にシールを貼ったり、しるしをしたりして最小限の範囲でよけて脱毛してもらえます。

下の写真は、ウデの脱毛をした時に肌に一部赤みがあり、
脱毛サロンのスタッフさんに『肌荒れしているのでよけますねー』と印をつけられた時のものです。
(VIOの写真は載せられられないので、ウデの写真で失礼します(^_^.))

白いマーカーで赤くはれている部分をよけるように囲ってあります。

基本的に脱毛の光を浴びるのは軽い日焼け程度の負担が肌にあります。
(なので、当日は湯船につからずシャワーにしてくださいと言われます。)

健康な肌に当ててもそれだけの負担なので、肌荒れしてる場所に当てるなんてとんでもないことって分かりますよね?

無理して当てて肌の調子が悪化して傷が残ってしまったらたとえ毛がなくなっても残念なお肌になってしまい本末転倒です。

脱毛はお肌の調子を整えておくことがとっても大事になります。
お肌のトラブルの元はたいてい乾燥です。なので、とことん保湿をがんばりましょう!

乾燥して肌が硬くなると脱毛の光が毛根に届きにくくなるから脱毛の効果も薄れるらしいですよ。
実は、脱毛と保湿は切っても切れない関係なのです!

アトピーなどの場合は脱毛方法から見直そう!

一時的な肌荒れなら問題ないのですが、アトピーの方は脱毛サロンの光脱毛や医療レーザー脱毛を断られることがあります。

その場合は、脱毛方法が一般のものとはちがい、脱毛の照射温度が40度程度低く、肌に負担のないハイパースキン脱毛を選ぶとよいでしょう。 脱毛サロンディオーネがその脱毛方法を採用しています♪

ディオーネ
【VIO脱毛体験1回体験コース 5,000円】

美魔子
ディオーネのハイパースキン脱毛は、脱毛の光の温度が体温程度と低いので、アトピー肌やニキビ肌に悩む方でも、脱毛ができます!

【VIO脱毛体験1回体験コース】 で体験でできるので、お試ししてみて下さい!

↑ PAGE TOP